日野市の習い事

「日野市でうちの子が通えるいい習い事ってないかな?」

「最近流行りの習い事が日野市にはない」

そんな悩みを持っているパパママも多いことでしょう。

子供の将来の可能性を広げてあげたいと願うのであれば、親の意思決定で日野市で通う習い事を決めてしまわない方が良いですよ。

なぜかと言うと、子供が持っている能力の大部分が遺伝により明確という現実があるのです。

遺伝による才能は大人になって開花する

親から受け継いだ遺伝子情報がお子さんを創造しているということは皆が知っている事実です。

けれども、子供の頃は遺伝による能力の影響はあまり受けず大人になってから影響が強く出るそうです。

例を挙げれば、お子さんに優れた「推理力」が遺伝していたとします。子供時代に色々頑張ってはいても遺伝による「推理力」の実力は見えません。

それが、成人を超えて時間の経過とともに、推理力」が目立ち始め、その後高い「推理力」が発揮されるのです。


日野市で遺伝の素質


要は、今のうちに日野市で数々の習い事を頑張っても、それが大人になってから発揮される能力には無関係なのです。

学力・知能は遺伝する?

最近の行動遺伝学では、学力や知能の場合約50%が遺伝すると言われています。

「そんなこと言ったら私は全然勉強できなかったし、この子ももしかして・・・」

と落ち込んでしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、あなたの成績があまり思わしくなかったとしても、それは遺伝ではなく、残り50%の「環境」のせいかもしれません。

先生が嫌いで、勉強まで嫌いになってしまったなどが環境が与えてしまった影響です。

将来、あなたの子供が本来の才能を生かせるようになるには、子供の能力に気付いてあげることが大切です。

理数系に恵まれた才能を持っているのに、その才能を使うことの無い文系の習い事をしていると、将来その能力を有効に生かすことができなくなってしまうかもしれません。

日野市の遺伝能力の伸び

「最初から子供の潜在能力がわかったら悩まないよ」と思われるかもしれませんが、最新の遺伝子検査で解析することによって、どのような才能を持っているのか分かります。

大がかりな検査ではなく、口腔内の細胞を綿棒で採取して郵送するだけなので子供に痛い思いをさせることもありません。お値段を見るとちょっと躊躇してしまいそうですが、才能の無い習い事を無駄にさせることを考えれば価値があると思います。

>>日野市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



しかし、語学においては遺伝は関係なく、ちゃんと勉強すればできるようになります。周りの人が皆日本語を話す環境で育てば、日本語を習得するというのがその証拠です。

日本にいても海外の方とやり取りをしたり、ビジネスでもレジャーでも英語は使えた方が強いので、とびきりの才能がなくても将来は安定した職業に就いてほしいという場合は、子供の頃から英語に触れておくのは良い選択でしょう。

>>日野市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

無視できない身体能力の遺伝とは

日野市のスポーツ系習い事

子供をサッカー選手にしたい、テニスプレーヤーにしたい、はたまた体操選手にしたい。お子さんにそんな期待をされている方もいらっしゃることでしょう。


運動でも素質があるかどうかは遺伝がその向き不向きに関わります。


ただ、様々な要素があるスポーツの場合、遺伝による影響の強さが分かりにくいと言われています。

体格や骨格、瞬発力、持久力、競争心、協調性、空間把握能力、分析力、動体視力などが遺伝しますが、マラソンと短距離走という同じ走るということにおいてさえ、まったく違う能力が必要になってきます。

とは言っても、遺伝子検査を受けることで適しているスポーツが分かります。

素質としての持久力瞬発力の強さがわかるので、それを元にスポーツを選ぶといいでしょう。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

遺伝子検査で本来の身体能力もわかるので、興味のある方は是非チェックしてみてください。

>>日野市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

子供時代のスポーツ経験の重要性

お子さんに将来スポーツに勤しんでもらいたいとお考えなら、3歳〜14歳の間に様々な遊びやスポーツをさせることをお勧めします。

スポーツ界ではこの期間をゴールデンエイジ(黄金期間)と言い、身体の動かし方や応用力などを吸収しやすいことがわかっています。

今まさに活躍しているテニスの錦織圭選手や卓球の張本選手も、子供の頃からのトレーニングが今に繋がっています。

ただし、同じスポーツをさせ続ける必要はありません。むしろ、色々なスポーツで体を動かした方が、色々な感覚を体得できます。

プロサッカー選手でも本格的にサッカーを始めたのは中学生からという場合も多いことから、ゴールデンエイジに運動のセンスを磨くことは不可欠でも、一つの競技に絞るのは中学生以降でも遅くありません。

日野市の周りには習い事ができそうなところが無くても、どんなスポーツ(または遊び)でもいいので、体が動かせるように導いていくといいでしょう。