春日市の習い事

「春日市で子供に習わせられるものはある?」

「子供がやりたい習い事が春日市にない」

そんなモヤモヤを抱えているパパママも多いことでしょう。

お子さんの未来を考えるのであれば、親の意思決定で春日市での習い事を決めるのは時期尚早かもしれません。

と言うのも、子供の才能の大部分は遺伝であらかじめ決まっているという事実があるのです。

大人になって発現する遺伝による才能とは

主として両親の遺伝子情報がお子さんを創造しているということは誰もが知っていることです。

とは言え、遺伝による能力の作用は、子供のうちは影響が小さく大人になるほど影響が出やすいことが分かっています。

例えば、お子さんに「図形認識能力」が遺伝し、潜在能力として持っていたとします。幼少期にトレーニングを頑張っても受け継いだはずの「図形認識能力」の影すら見えません。

しかし、成人を過ぎて大人になるにつれて、遺伝による「図形認識能力」が突出してきて、望んでいなくても「図形認識能力」が他の人より高くなるということなのです。


春日市で遺伝の素質


すなわち、今春日市で習い事を頑張っても、その経験が大人になってからの才能に関係する訳ではないということです。

遺伝は外見や性格だけじゃない

最新の行動遺伝学では、学力や知能は約50%が遺伝で決まるとわかっています。

「そんなこと言ったら私は全然勉強できなかったし、この子ももしかして・・・」

と思われるかもしれませんが、失礼ながらあなたの成績が悪いとしても、遺伝ではない原因、「環境」という可能性があります。

学校が嫌いで、勉強をする機会が少なかったなどが環境が影響しているものでしょう。

子供が将来自分の能力を最大限活用できるようにしてあげるには、子供の潜在能力を知ることが大切です。

高い理数系の能力を持っていながら、文系の習い事ばかりしていると、せっかくの能力を発揮する機会が訪れなくなってしまうかもしれません。

春日市の遺伝能力の伸び

「でも、そんなのわかりっこない」と思われるかもしれませんが、最新の遺伝子検査で解析することによって、どのような能力を持っているかが分かります。

検査自体煩わしいことはなく、口の中の細胞を採取して郵送するだけなので、子供に痛い思いをさせることもありません。費用は高く感じられるかもしれませんが、上達するか分からない習い事をすることを思えば、価値があると思えないでしょうか。

>>春日市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



そうは言っても、語学は遺伝するものではなく、学習すれば習得できるものです。育った土地が日本であれば、誰でも自然と学習し、日本語を話すようになるということです。

日本でも外国人観光客を相手にする機会が多くなり、ビジネスでも英語を避けて通れなくなってきますから、特別な才能はなくてもいいから将来の選択肢を減らさないためにも、子供の頃から英語に触れておくのは良い選択でしょう。

>>春日市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

無視できない身体能力の遺伝とは

春日市のスポーツ系習い事

子供をサッカー選手にしたい、ラグビー選手にしたい、はたまた体操選手にしたい。お子さんにそんな期待をされている方もいらっしゃることでしょう。


実は運動の素質というのも、遺伝がその向き不向きに関わります。


ただ、様々な要素があるスポーツの場合、遺伝がどう影響してくるのかが分かりにくいということです。

遺伝するものには体格や骨格、持久力、筋肉の質などがありますが、スポーツの種類やチームスポーツではポジションによってもまったく同じ能力が必要ということはありません。

とは言うものの、遺伝子検査によって適しているスポーツが分かります。

元々持っている持久力瞬発力がわかるので、スポーツを選ぶ際、参考にもなります。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

遺伝子検査で本来の身体能力もわかるので、興味のある方は是非チェックしてみてください。

>>春日市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

色々なスポーツで子供の感性を引き出そう

お子さんに先々スポーツを頑張ってほしいと思っているなら、色々な遊びやスポーツを3歳〜14歳の期間にさせることをお勧めします。

スポーツが上手くなるための大切なこの期間はゴールデンエイジ(黄金期間)と言われ、身体の動かし方やセンスを磨くことのできる時期です。

今まさに活躍しているテニスの錦織圭選手などのトップアスリートも、幼少期から色々なトレーニングを取り入れていたことを考えると納得できるでしょう。

しかし、本人がやりたいのなら別ですが、同じことをずっと続けさせる必要はありません。むしろ、色々なスポーツで体を動かした方が、様々な感性を磨くことができます。

プロテニス選手でも本格的にテニス一本に絞ったのは中学生からであったりすることから、ゴールデンエイジに運動の感覚を習得することは重要でも、一つの競技に絞るのは中学生以降でも遅くありません。

良さそうな習い事をさせられるところが春日市の周りに無くても、遊びの中にスポーツを取り入れて、身体を動かすようにするとセンスが磨かれていくでしょう。