昭島市の習い事

「昭島市に子供に通える習い事ってどんなものがあるのかしら?」

「子供がやりたい習い事が昭島市にない」

そんな心配をされているパパママも多いことでしょう。

ただ、子供の将来を真剣に思うのでしたら、親の意向や子供のわがままだけで昭島市での習い事を決めてしまうのはもったいないです!

なぜかと言うと、子供が持っている能力の大部分が遺伝により明らかだという現実があるからです。

遺伝による才能は大人になって発現する

両親や祖父母、さらには先祖より受け継がれたDNA情報がわが子そのものを形づくっていることはご存知のことでしょう。

ところが、行動遺伝学によると遺伝で及ぼされる能力の影響は、子供の頃にはあまり関係なく大人になるにつれて発揮されることが分かっています。

例を挙げれば、お子さんに優れた「読解力」が遺伝していたとします。幼少期にトレーニングを頑張っても遺伝による「読解力」の実力は見えません。

それが、成人を超えて時間の経過とともに、「読解力」が徐々に開花し、望んでいなくても「読解力」が他の人より高くなるということなのです。


昭島市で遺伝の素質


すなわち、今昭島市で習い事を頑張っても、大人になって発揮される秀でた能力には関わりが無いことになります。

頭の良さも遺伝する?

学力や知能は約50%が遺伝するという最新の行動遺伝学での研究結果があります。

「じゃあ、ずっと勉強嫌いで成績も悪かった私の子って・・・」

と落ち込んでしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、僭越ながらあなたの成績が悪かったということなら、それは遺伝ではなく、残り50%の「環境」のせいかもしれません。

学校が嫌いで、勉強をする機会が少なかったなどが環境による影響と言えるでしょう。

子供が将来自分の能力を最大限活用できるようにしてあげるには、子供にどんな能力があるのか見つけてあげることが大切です。

理数系の能力を秘めているのに、文系の習い事をさせると、せっかくの能力を発揮する機会が訪れなくなってしまうかもしれません。

昭島市の遺伝能力の伸び

「最初から子供の潜在能力がわかったら悩まないよ」と思われるかもしれませんが、最近では遺伝子検査をすることによって、隠れた能力が分かってしまいます。

検査自体は簡単で、綿棒で口の中の細胞を採取して郵送するだけなので、子供に負担はありません。費用は高く感じられるかもしれませんが、続くかも分からない習い事にかけることを考えれば、メリットのあることではないでしょうか。

>>昭島市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



とは言え、遺伝が関係ない能力もあり、語学は勉強さえすれば、誰でもマスターできます。周りの人が皆日本語を話す環境で育てば、自然と学習し、日本語を話すようになるということです。

日本にいても海外の方とやり取りをしたり、仕事をする上でも英語が使えた方が年収が増えるというデータもあるので、ひと際目立った才能が無くても将来の保険として身につけておきたい場合、子供の内から英語を楽しく学ぶというのは、良いチョイスだと思います。

>>昭島市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

スポーツをさせるにも遺伝は無視できない

昭島市のスポーツ系習い事

子供をサッカー選手にしたい、ラグビー選手にしたい、もしくは卓球選手にしたい。そんな夢を子供に託す親御さんもいるかもしれません。


スポーツの素質があるかどうかというのも、遺伝がその向き不向きに関わります。


しかし、色々な要因が複雑に絡み合っているスポーツの場合、遺伝がどのように影響するのか分かりにくいそうです。

体格や骨格、瞬発力、持久力、筋肉の質などが遺伝しますが、野球とサッカーというだけでもまったく違う能力が必要になってきます。

とは言っても、遺伝子検査を受けることでその子に適したスポーツがどんなものか分かります。

持久力瞬発力どちらが強いのかがわかるので、スポーツを選ぶ際、参考にもなります。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

遺伝子検査で本来の身体能力もわかるので、関心のある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

>>昭島市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

色々なスポーツで子供の感性を引き出そう

子供に将来スポーツを頑張ってもらいたいと思っているなら、3歳〜14歳までに多種多様なスポーツをさせることをお勧めします。

3歳〜14歳の時期は、スポーツ界ではゴールデンエイジ(黄金期間)と言われており、その時期に身体の動かし方やセンスを習得して成長が見込める時期です。

今まさに活躍しているテニスの錦織圭選手などのトップアスリートも、子供の頃からトレーニングをしていました。

しかし、本人がやりたいのなら別ですが、同じことをずっと続けさせる必要はありません。逆に様々なスポーツを経験した方が、色々な感覚を体得できます。

トップアスリートでもその競技一本に打ち込んだのは中学生からという場合も多いことから、ゴールデンエイジに運動のセンスを磨くことは不可欠でも、幼い内に一つのスポーツに絞ってやる必要はありません。

昭島市辺りに習い事をさせるところが見つからなくても、色々なスポーツや遊びをして、自然と体を動かせるようにしてあげると良いでしょう。