朝霞市の習い事

「朝霞市で子供に通わせたい習い事はある?」

「子供がやりたいと言っていた習い事があったけど、朝霞市にない」

こんな困りごとを抱えた親御さんもいると思います。

ただ、子供の将来を真剣に願うのであれば、親の意思決定で朝霞市での習い事を決めてしまうのは焦りすぎかもしれませんよ。

その理由は、子供の持つほとんどの才能は、遺伝であらかじめ決まっているという実態があるからです。

大人になって発現する遺伝による才能とは

両親や祖父母、さらには先祖より受け継がれたDNA情報が我が子を作り上げているというのは皆が知っている事実です。

しかしながら、行動遺伝学によれば子ども時代は遺伝による能力の影響が小さく
大人になるほど影響が出やすいことが分かっています。

例としては、お子さんに「読解力」が遺伝し、それが他人よりも優れていたとします。幼少期にトレーニングを頑張っても遺伝しているはずの「読解力」は姿を現しません。

それが、時を経て大人になり、「読解力」が徐々に開花し、その後高い「読解力」が発揮されるのです。


朝霞市で遺伝の素質


要するに、子供時代に朝霞市で習い事をして実力をつけても、その経験が大人になってからの才能に関係する訳ではないということです。

知能も遺伝する

最近の行動遺伝学では、学力や知能の場合約50%が遺伝すると言われています。

「それじゃあ、私はずっと数学の成績が下の方だったし、この子にも遺伝してるかも・・・」

と思う人もいるかもしれませんが、失礼ながらあなたの成績があまり良くなかったとしても、遺伝のせいではなく、「環境」によるものとも考えられます。

先生に恵まれず、勉強を好きになれなかったなどが環境が与えてしまった影響です。

あなたの子供が将来、本来の能力を発揮できるようにするには、子供の潜在能力を知ることが大切です。

理系の能力が優れているのに、相反する習い事ばかりしていると、せっかくの能力を発揮する機会が訪れなくなってしまうかもしれません。

朝霞市の遺伝能力の伸び

「だって、そんなのわかるわけないよね」とお思いかもしれませんが、今は遺伝子検査が発達しており、隠れた能力が分かってしまいます。

遺伝子は口の中の粘液を採取して郵送するだけなので、お子さんに負担を感じさせることもありません。お値段を見るとちょっと躊躇してしまいそうですが、見込みのない習い事にかける費用を考えれば価値があるのではないでしょうか。

>>朝霞市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



とは言え、遺伝が関係ない能力もあり、語学は勉強さえすれば、誰でもマスターできます。周りの人が皆日本語を話す環境で育てば、日本語を習得するというのがその証拠です。

日本に住んでいても、外国人観光客が増えたことで接する機会も増え、ビジネスでも英語を避けて通れなくなってきますから、とびきりの才能がなくても将来安定した仕事に就いてほしいと思われるなら、幼少の頃から英語に接する機会をつくるのは、いい選択でしょう。

>>朝霞市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

スポーツをさせるにも遺伝は無視できない

朝霞市のスポーツ系習い事

将来はサッカー選手にしたい、短距離選手にしたい、でなければ水泳選手にしたい。そんな夢を抱いている親御さんもいらっしゃることでしょう。


実は運動の素質というのも、遺伝が関わってくるのです。


けれども、スポーツの場合は多様な要因が複雑に絡んでおり、遺伝がどのように影響するのか分かりにくいそうです。

体格や骨格、瞬発力、持久力、競争心、協調性、空間把握能力、分析力、動体視力などが遺伝しますが、スポーツによって、さらにはスポーツごとのポジションによっても、まったく同じ能力が必要ということはありません。

とはいえ、遺伝子検査をすることで適しているスポーツが分かります。

持久力瞬発力どちらが強いのかがわかるので、それを参考にするのもいいのではないでしょうか。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

身体能力も遺伝子検査でわかるので、関心のある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

>>朝霞市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

子供の頃にスポーツのセンスを磨くには

お子さんに将来スポーツに勤しんでもらいたいとお考えなら、様々なスポーツを3歳〜14歳の間に経験させることをお勧めします。

スポーツ界ではこの期間をゴールデンエイジ(黄金期間)と言い、身体の動かし方やセンスを吸収しやすいことがわかっています。

今活躍されている女子サッカーの澤穂希選手やゴルフの石川遼選手などが、幼少期からのトレーニングが現在に繋がっています。

ただし、一つのスポーツに絞る必要はありません。却って様々なスポーツをした方が、いろんな能力を体得できます。

プロテニス選手でも本格的にテニス一本に絞ったのは中学生からであったりすることから、ゴールデンエイジに運動のセンスを身につけることは大切でも、幼い内に一つのスポーツに絞ってやる必要はありません。

思うような習い事ができそうなところが朝霞市辺りに無くても、色々なスポーツを取り入れて、体が動かせるように導いていくといいでしょう。