あきる野市の習い事

「あきる野市でうちの子が通えるいい習い事ってないかな?」

「あきる野市には子どもに前から通わせたいと思っていた習い事ができる教室がない」

そんなモヤモヤを抱えているママさんも少なくないですよね。

お子さんに明るい未来をあげたいと考えた場合、あなたの希望だけであきる野市での習い事を決めるのは時期尚早かもしれません。

と言うのも、子供の才能の大部分は遺伝によって確定してしまうという現実があるのです。

遺伝による才能は大人になって開花する

両親のDNA情報が基になってわが子そのものを形づくっていることは誰もが知っていることです。

ところが、行動遺伝学によると遺伝で及ぼされる能力の影響は、子供の頃にはあまり関係なく年齢を重ねるにつれて影響が出ることがわかっています。

例を挙げれば、お子さんに優れた「計算力」が遺伝していたとします。子供の頃はどんなに勉強しても遺伝しているはずの「計算力」は姿を現しません。

ところが、大人になり年齢を重ねるにつれて、遺伝による「計算力」が突出してきて、自分の意志とは関係なく「計算力」が高くなることがあるのです。


あきる野市で遺伝の素質


要するに、子供時代にあきる野市で習い事をして実力をつけても、大人になって発揮される秀でた能力には関わりが無いことになります。

頭の良さも遺伝する?

行動遺伝学では、知能は約50%が遺伝するというショッキングな研究結果が出ています。

「それって私たち夫婦揃って成績イマイチだったのに、子供まで・・・」

なんて困ってしまう方もいるでしょうが、失礼ながらあなたの成績が思わしくなくても、それは遺伝ではなく、残り50%の「環境」のせいかもしれません。

先生に恵まれず、勉強を好きになれなかったなどが環境による影響と言えるでしょう。

あなたの子供が将来、本来の能力を発揮できるようにするには、子供にどんな潜在能力があるのか知った方が良いのではないでしょうか。

高い理数系の能力を持っていながら、文系の習い事ばかりしていると、将来的に勿体ないことになりかねません。

あきる野市の遺伝能力の伸び

「でも、そんなのわかりっこない」と思われるかもしれませんが、今は最新の技術による子供の遺伝子検査によってまだ秘めている本来の才能が分かるのです。

検査自体煩わしいことはなく、口の中の細胞を採取して郵送するだけなので、お子さんに負担を感じさせることもありません。費用は高く感じられるかもしれませんが、上達するか分からない習い事をすることを思えば、価値があると思えないでしょうか。

>>あきる野市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



しかし、語学においては遺伝は関係なく、ちゃんと勉強すればできるようになります。日本語を話す人たちの間で育っているみなさんが、毎日日本語を普通に使っていますよね。

日本でも外国人観光客を相手にする機会が多くなり、仕事をする上でも英語が使えた方が年収が増えるというデータもあるので、とびきりの才能がなくても将来仕事の幅を狭めないためにも、子供の頃から英語に触れておくのは良い選択でしょう。

>>あきる野市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

スポーツに係わる遺伝とは

あきる野市のスポーツ系習い事

将来は野球選手にしたい、テニスプレーヤーにしたい、でなければ水泳選手にしたい。お子さんにそんな期待をされている方もいらっしゃることでしょう。


実は運動の素質というのも、遺伝が関わってくるのです。


しかし、スポーツの場合はさまざまな要素が複雑に絡み合っているので、遺伝が及ぼす影響の度合いが定かではないそうです。

体格や瞬発力、持久力、空間把握能力、動体視力などが遺伝しますが、野球とサッカーというだけでも必要な能力が違ってきます。

とは言うものの、遺伝子検査によってその子に適したスポーツがどんなものか分かります。

持久力瞬発力どちらが強いのかがわかるので、スポーツを選ぶ目安にもなります。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

遺伝子検査で元々持っている身体能力もわかるので、関心を持たれた方はチェックしてみてください。

>>あきる野市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

子供時代のスポーツ経験の重要性

お子さんに将来何かしらのスポーツを頑張ってほしいとお考えなら、色々な遊びやスポーツを3歳〜14歳の期間にさせることをお勧めします。

スポーツ界では特に重要なこの時期をゴールデンエイジ(黄金期間)と言い、バランス感覚や運動のセンスを身につけやすい時期です。

今まさに活躍しているテニスの錦織圭選手などのトップアスリートも、幼少期から色々なトレーニングを取り入れていたことを考えると納得できるでしょう。

ただし、同じスポーツをさせ続ける必要はありません。むしろ、いろんなスポーツをさせたほうが、いろんな能力を体得できます。

プロテニス選手でも本格的にテニス一本に絞ったのは中学生からであったりすることから、ゴールデンエイジに運動のセンスを磨くことは不可欠でも、一つの競技に絞るのは中学生以降でも遅くありません。

あきる野市辺りに習い事をさせるところが見つからなくても、色々なスポーツを取り入れて、身体を動かすように導いていくといいでしょう。