中央区の習い事

「中央区でうちの子が通えるいい習い事ってないかな?」

「子供がやりたいと言っていた習い事があったけど、中央区にない」

こんな困りごとを抱えたパパママも多いことでしょう。

お子さんの未来を考えているのでしたら、親の意思決定で中央区での習い事を限定してしまうのはもったいないことになるかもしれません。

なぜかと言うと、子供が持っている能力の大部分が遺伝であらかじめ決まっているという実態があるからです。

大人になって発揮される遺伝する能力とは

両親や代々受け継いできたDNA情報がわが子そのものを形づくっていることは皆が知っている事実です。

ところが、行動遺伝学によると遺伝で及ぼされる能力の影響は、子供の頃にはあまり関係なく大人になってから影響が強く出るそうです。

例として、子供に優れた「認知能力」が遺伝して存在していたとします。子供時代に色々頑張ってはいても受け継いだはずの「認知能力」の影すら見えません。

しかし、成人を過ぎた頃から、「認知能力」が徐々に開花し、望んでいなくても「認知能力」が他の人より高くなるということなのです。


中央区で遺伝の素質


要は、今のうちに中央区で数々の習い事を頑張っても、大人になって発揮される秀でた才能とは因果関係が無いと言えます。

知能も遺伝する

行動遺伝学では、知能は約50%が遺伝するというショッキングな研究結果が出ています。

「そんなこと言ったら私は全然勉強できなかったし、この子ももしかして・・・」

と落ち込んでしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、失礼ながらあなたの成績が思わしくなくても、遺伝ではない原因、「環境」という可能性があります。

先生が嫌いで、勉強まで嫌いになってしまったなどが環境の影響だと言えるでしょう。

子供が将来自分の能力を最大限活用できるようにしてあげるには、子供の潜在能力を知ることが大切です。

理系の能力が優れているのに、相反する習い事ばかりしていると、将来生かすことができたであろう能力を発揮できないかもしれません。

中央区の遺伝能力の伸び

「そんなこと言われても、子供の潜在能力なんかわかならい」と思われると思いますが、最近では遺伝子検査をすることによって、どのような能力を持っているかが分かります。

遺伝子検査と言っても、口の中の粘液を採取して郵送するだけなのでお子さんに苦痛はありません。費用は高く感じられるかもしれませんが、上達するか分からない習い事をすることを思えば、価値があると思えないでしょうか。

>>中央区在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



しかし、語学においては遺伝は関係なく、ちゃんと勉強すればできるようになります。日本で育った人なら誰でも日本語を習得するというのがその証拠です。

日本に住んでいても、外国人観光客が増えたことで接する機会も増え、ビジネスでもレジャーでも英語は使えた方が強いので、特別な能力を求めなくても将来仕事の幅を狭めないためにも、幼少の頃から英語に接する機会をつくるのは、いい選択でしょう。

>>中央区在住でもネット英会話なら通う必要なし!

無視できない身体能力の遺伝とは

中央区のスポーツ系習い事

子供をサッカー選手にしたい、ラグビー選手にしたい、もしくは卓球選手にしたい。お子さんにそんな期待をされている方もいらっしゃることでしょう。


スポーツの素質があるかどうかというのも、遺伝が関わってくるのです。


ただ、様々な要素があるスポーツの場合、遺伝がどれくらい影響するのかはわかりにくいと言います。

体格や瞬発力、持久力、空間把握能力、動体視力などが遺伝しますが、マラソンと短距離走という同じ走るということにおいてさえ、必要な能力が違ってきます。

とはいえ、遺伝子検査をすることで伸びそうなスポーツが分かってきます。

持久力瞬発力どちらが強いのかがわかるので、それを元にスポーツを選ぶといいでしょう。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

遺伝子検査で元々持っている身体能力もわかるので、興味のある方は是非チェックしてみてください。

>>中央区在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

子供の頃は多種のスポーツをさせよう

お子さんに将来何かしらのスポーツを頑張ってほしいとお考えなら、3歳〜14歳の間に様々な遊びやスポーツをさせることをお勧めします。

スポーツ界ではこの期間をゴールデンエイジ(黄金期間)と言い、バランス感覚や技術を磨くことのできる時期です。

今まさに活躍しているテニスの錦織圭選手などのトップアスリートも、子供の頃からトレーニングをしていました。

ただ、一つのスポーツを集中的にやり続ける必要はありません。逆に様々なスポーツを経験した方が、いろんな能力を体得できます。

プロテニス選手でも本格的にテニス一本に絞ったのは中学生からであったりすることから、ゴールデンエイジに運動の感覚を習得することは重要でも、一つの競技に絞るのは中学生以降でも遅くありません。

中央区辺りに習い事をさせるところが見つからなくても、どんなスポーツ(または遊び)でもいいので、身体を動かすようにするとセンスが磨かれていくでしょう。