亀岡市の習い事

「亀岡市に子供に通える習い事ってどんなものがあるのかしら?」

「亀岡市には子どもに前から通わせたいと思っていた習い事ができる教室がない」

そんな悩みを持っている親御さんもいると思います。

お子さんの今後の人生を考えた場合、あなたの希望だけで亀岡市での習い事を決めるのは時期尚早かもしれません。

なぜなら子供の能力は、ほとんどが遺伝であらかじめ決まっているというリアルがあるからと言えます。

大人になって発揮される遺伝する能力とは

親から受け継いだ遺伝子情報がお子さんという人格をつくっているということは、誰もが知っていることです。

しかしながら、行動遺伝学によれば子ども時代は遺伝による能力の影響が小さく
大人になるにつれて発揮されることが分かっています。

例として、子供に優れた「認知能力」が遺伝して存在していたとします。子供の頃にトレーニングを積んでも「認知能力」の実力は発揮されません。

それが、成人を超えて時間の経過とともに、「認知能力」が突出して目立って来るようになり、自分の意志とは関係なく「認知能力」が高くなることがあるのです。


亀岡市で遺伝の素質


すなわち、今亀岡市で習い事を頑張っても、大人になって発揮される秀でた能力には関わりが無いことになります。

頭の良さも遺伝する?

最近の行動遺伝学では、学力や知能の場合約50%が遺伝すると言われています。

「そんなこと言ったら私は全然勉強できなかったし、この子ももしかして・・・」

と思われるかもしれませんが、失礼ながらあなたの成績が思わしくなくても、遺伝ではなく、残り50%の「環境」によるものかもしれません。

先生が嫌いで、勉強まで嫌いになってしまったなどが環境が与えてしまった影響です。

子供が将来、持っている能力を最大限発揮できるようにするには、子供の能力に気付いてあげることが大切です。

理系の能力が優れているのに、相反する習い事ばかりしていると、せっかくの能力を発揮する機会が訪れなくなってしまうかもしれません。

亀岡市の遺伝能力の伸び

「最初から子供の潜在能力がわかったら悩まないよ」と思われるかもしれませんが、今は遺伝子検査が発達しており、まだ秘めている本来の才能が分かるのです。

大がかりな検査ではなく、口腔内の細胞を綿棒で採取して郵送するだけなのでお子さんに苦痛はありません。お値段は高いと感じられるかもしれませんが、上達するか分からない習い事をすることを思えば、価値があると思えないでしょうか。

>>亀岡市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



ただ、語学に関しては遺伝は関係なく、誰でも勉強さえすれば習得できます。育った土地が日本であれば、誰でも自然と学習し、日本語を話すようになるということです。

日本でも外国人観光客を相手にする機会が多くなり、ビジネスマンも英語が必須となってきますから、特別な才能はなくてもいいから将来の保険として身につけておきたい場合、子供の頃から英語に触れておくのは良い選択でしょう。

>>亀岡市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

スポーツの才能も遺伝が関係する

亀岡市のスポーツ系習い事

子供をサッカー選手にしたい、テニスプレーヤーにしたい、もしくは卓球選手にしたい。お子さんにそんな夢を抱くママパパもいることでしょう。


実は運動の素質というのも、遺伝によることがあるのです。


けれども、スポーツの場合は多様な要因が複雑に絡んでおり、遺伝が及ぼす影響の度合いが定かではないそうです。

体格や骨格、瞬発力や持久力、動体視力、筋肉の質などが遺伝しますが、野球とサッカーというだけでもどの能力が必要かは変わってきます。

とは言っても、遺伝子検査を受けることでその子に適したスポーツがどんなものか分かります。

元々持っている持久力瞬発力がわかるので、それを元にスポーツを選ぶといいでしょう。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

遺伝子検査によって身体能力もわかるので、関心のある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

>>亀岡市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

子供時代のスポーツ経験の重要性

子供の将来に何かしらのスポーツをとお考えなら、様々なスポーツを3歳〜14歳の間に経験させることをお勧めします。

スポーツ界ではこの期間をゴールデンエイジ(黄金期間)と言い、身体の動かし方や応用力などを身につけやすい時期です。

今活躍しているゴルフの石川遼選手などのトップアスリート達が、幼少期から色々なトレーニングを取り入れていたことを考えると納得できるでしょう。

しかし、本人がやりたいのなら別ですが、同じことをずっと続けさせる必要はありません。むしろ、色々なスポーツで体を動かした方が、様々な感性を磨くことができます。

プロ野球選手でも自らの意志で本格的に野球に打ち込んだのは中学生からであったりすることから、ゴールデンエイジに運動のセンスを身につけることは大切でも、一つのスポーツに決めるのは、そんなに幼い内でなくていいということになります。

亀岡市の周りには習い事ができそうなところが無くても、色々なスポーツや遊びをして、楽しみながら身体を動かすように導いていくといいでしょう。