交野市の習い事

「交野市でうちの子が通えるいい習い事ってないかな?」

「子供がやりたい習い事が交野市にない」

こんな困りごとを抱えたパパママも多いことでしょう。

お子さんの未来を願うのであれば、あなたの希望だけで交野市での習い事を限定してしまうのはもったいないことになるかもしれません。

と言うのも、子供の才能の大部分は遺伝によってすでに決まっているという現実があるのです。

大人になって発現する遺伝による才能とは

主として両親の遺伝子情報がお子さんという人格をつくっているということは、周知の事実です。

しかし、行動遺伝学では遺伝による能力の影響は子ども時代は小さく大人になってから影響が強く出るそうです。

例えば、お子さんに「想像力」が遺伝し、潜在能力として持っていたとします。子供の頃にどんなに努力しても遺伝により受け継いだ「想像力」は姿を見せません。

しかし、成人を過ぎた頃から、「想像力」が突出して目立って来るようになり、平均よりも「想像力」が高くなっていくのです。


交野市で遺伝の素質


言ってしまえば、今交野市で頑張っている習い事があったとしても、その経験が大人になってからの才能に関係する訳ではないということです。

遺伝は外見や性格だけじゃない

最新の行動遺伝学で、学力や知能は約50%が遺伝するという事実が発表されています。

「それって私たち夫婦揃って成績イマイチだったのに、子供まで・・・」

なんて悩んでしまう方もいるかもしれませんが、失礼ながらあなたの成績があまり良くなかったとしても、必ずしも遺伝ではなく、残り50%の「環境」による結果かもしれません。

学校が嫌いで、勉強まで嫌いになってしまったなどが環境が与えてしまった影響です。

子供が持っている能力を、将来最大限活用できるようにしてあげるには、子供にどんな潜在能力があるのか知った方が良いのではないでしょうか。

理数系に恵まれた才能を持っているのに、その才能を使うことの無い文系の習い事をしていると、せっかくの能力を発揮する機会が訪れなくなってしまうかもしれません。

交野市の遺伝能力の伸び

「最初から子供の潜在能力がわかったら悩まないよ」と思われるかもしれませんが、子供の遺伝子検査をるすことで、どのような才能を持っているのか分かります。

遺伝子検査と言っても、口の中の粘液を採取して郵送するだけなので子供に嫌な思いをさせることもありません。お値段は高いと感じられるかもしれませんが、続くかも分からない習い事にかけることを考えれば、メリットのあることではないでしょうか。

>>交野市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



とは言っても、語学に関しては遺伝に左右されず、誰でも勉強さえすれば習得できます。日本で生まれ育てば誰でも毎日日本語を普通に使っていますよね。

日本にいても海外の方とやり取りをしたり、ビジネスでもレジャーでも英語は使えた方が強いので、特別な才能はなくてもいいから将来の保険として身につけておきたい場合、子供の頃から英語を習わせるというのはいい選択でしょう。

>>交野市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

無視できない身体能力の遺伝とは

交野市のスポーツ系習い事

子供をサッカー選手にしたい、テニスプレーヤーにしたい、はたまたプロゴルファーにしたい。そんな夢を抱いている親御さんもいらっしゃることでしょう。


身体能力という面でも遺伝によることがあるのです。


ただ、様々な要素があるスポーツの場合、遺伝がどう影響してくるのかが分かりにくいということです。

体格や瞬発力、持久力、空間把握能力、動体視力などが遺伝しますが、スポーツの種類やチームスポーツではポジションによってもまったく同じ能力が必要ということはありません。

とは言うものの、遺伝子検査によってその子に向いていそうなスポーツが分かります。

持久力瞬発力などもわかるので、参考にしてスポーツをしてみるのもいいでしょう。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

身体能力も遺伝子検査でわかるので、興味を持たれた方はチェックしてみてください。

>>交野市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

子供時代のスポーツ経験の重要性

お子さんに先々スポーツを頑張ってほしいと思っているなら、3歳〜14歳の間に様々な遊びやスポーツをさせることをお勧めします。

スポーツ界ではこの期間をゴールデンエイジ(黄金期間)と言い、身体の動かし方や応用力などを習得して成長が見込める時期です。

今まさに活躍しているテニスの錦織圭選手などのトップアスリートも、幼少期から色々なトレーニングを取り入れていたことを考えると納得できるでしょう。

ただ、一つのスポーツを集中的にやり続ける必要はありません。むしろ、色々なスポーツで体を動かした方が、様々な能力を磨くことができます。

プロ野球選手でも自らの意志で本格的に野球に打ち込んだのは中学生からであったりすることから、ゴールデンエイジに運動のセンスを磨くことは不可欠でも、一つの競技に絞るのは中学生以降でも遅くありません。

交野市の周りにはあまり習い事をさせるところが無くても、色々なスポーツを取り入れて、身体を動かすようにするとセンスが磨かれていくでしょう。