京田辺市の習い事

「京田辺市で子供に習わせられるものはある?」

「京田辺市には子どもに前から通わせたいと思っていた習い事ができる教室がない」

こんな困りごとを抱えたパパママも多いことでしょう。

お子さんの今後の人生を思うのでしたら、親の意思決定で京田辺市での習い事を限定してしまうのはもったいないことになるかもしれません。

と言うのは、子供の能力の多くは遺伝により明らかだという現実があるからです。

大人になって発現する遺伝による才能とは

親から受け継いだ遺伝子情報がお子さんを創造しているということは皆が知っている事実です。

けれども、子供の頃は遺伝による能力の影響はあまり受けず大人になるにつれて発揮されることが分かっています。

例として、子供に優れた「読解力」が遺伝して存在していたとします。子供時代に色々頑張ってはいても遺伝しているはずの「読解力」は姿を現しません。

それが、時を経て大人になり、「読解力」が徐々に開花し、その後高い「読解力」が発揮されるのです。


京田辺市で遺伝の素質


言ってしまえば、今京田辺市で頑張っている習い事があったとしても、大人になってその能力で秀でた才能を発揮できるわけではないということになります。

学力・知能は遺伝する?

行動遺伝学では、知能は約50%が遺伝するというショッキングな研究結果が出ています。

「それじゃあ、私はずっと数学の成績が下の方だったし、この子にも遺伝してるかも・・・」

と思う人もいるかもしれませんが、あなたの成績があまり思わしくなかったとしても、それは遺伝ではなく、残り50%の「環境」のせいかもしれません。

勉強が嫌いだったとか、勉強をする機会が少なかったなどが環境による影響と言えるでしょう。

子供が持っている能力を、将来最大限活用できるようにしてあげるには、子供がどんな能力を持っているかを知ることが大切です。

理数系に恵まれた才能を持っているのに、その才能を使うことの無い文系の習い事をしていると、将来的に勿体ないことになりかねません。

京田辺市の遺伝能力の伸び

「最初から子供の潜在能力がわかったら悩まないよ」と思われるかもしれませんが、今は最新の技術による子供の遺伝子検査によってどのような能力を持っているかが分かります。

遺伝子は口の中の粘液を採取して郵送するだけなので、子供に痛い思いをさせることもありません。費用は少々かかりますが、上達するか分からない習い事をすることを思えば、価値があると思えないでしょうか。

>>京田辺市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



とは言っても、語学に関しては遺伝に左右されず、勉強さえすれば、誰でもマスターできます。周りの人が皆日本語を話す環境で育てば、日本語を使いこなしているのがその証明です。

日本にいても海外の方とやり取りをしたり、ビジネスマンも英語が必須となってきますから、とびきりの才能がなくても将来安定した仕事に就いてほしいと思われるなら、子供の内に違和感なく英語に接する機会をつくることは、良い選択でしょう。

>>京田辺市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

無視できない身体能力の遺伝とは

京田辺市のスポーツ系習い事

将来は野球選手にしたい、テニスプレーヤーにしたい、もしくは卓球選手にしたい。そんな夢を抱いている親御さんもいらっしゃることでしょう。


身体能力という面でも遺伝がその向き不向きに関わります。


ただ、多くの要素が絡み合ったスポーツの場合、遺伝が及ぼす影響の度合いが定かではないそうです。

体格や骨格、瞬発力や持久力、動体視力、筋肉の質などが遺伝しますが、スポーツの種類やチームスポーツではポジションによっても必要な能力が違ってきます。

とはいえ、遺伝子検査によって向いているスポーツの方向性はわかります。

持久力瞬発力どちらが強いのかがわかるので、スポーツを選ぶ目安にもなります。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

身体能力も遺伝子検査でわかるので、興味のある方は是非チェックしてみてください。

>>京田辺市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

子供時代のスポーツ経験の重要性

お子さんに将来スポーツに勤しんでもらいたいとお考えなら、3歳〜14歳の間に様々な遊びやスポーツをさせることをお勧めします。

スポーツ界では特に重要なこの時期をゴールデンエイジ(黄金期間)と言い、身体の動かし方やセンスを身につけやすい時期です。

今活躍されている女子サッカーの澤穂希選手やゴルフの石川遼選手などが、幼少期から色々なトレーニングを取り入れていたことを考えると納得できるでしょう。

ただし、一つのスポーツに絞る必要はありません。逆に様々なスポーツを経験した方が、様々な能力を磨くことができます。

プロ野球選手でも野球一本に絞ったのは中学生からという場合も多いことから、ゴールデンエイジに運動のセンスを磨くことは不可欠でも、幼い内に一つのスポーツに絞ってやる必要はありません。

京田辺市の周りには習い事ができそうなところが無くても、色々なスポーツや遊びをして、体が動かせるように導いていくといいでしょう。