京都市の習い事

「京都市で子供に通わせたい習い事はある?」

「最近流行りの習い事が京都市にはない」

このような悩みをお持ちのママさんも少なくないですよね。

ただ、子供の将来を真剣に願うのであれば、あなたの思い込みで京都市での習い事を決めるのは時期尚早かもしれません。

と言うのも、子供の才能の大部分は遺伝によって確定してしまうという実態があるからです。

大人になって発現する遺伝による才能とは

両親のDNA情報が基になってわが子そのものを形づくっていることはご存知のことでしょう。

ところが、行動遺伝学によると遺伝で及ぼされる能力の影響は、子供の頃にはあまり関係なく大人になるにつれて発揮されることが分かっています。

例としては、お子さんに「知性」が遺伝し、それが他人よりも優れていたとします。子供時代に色々頑張ってはいても受け継いだはずの「知性」の影すら見えません。

それが、時を経て大人になり、「知性」が徐々に開花し、自分の意志とは関係なく「知性」が高くなることがあるのです。


京都市で遺伝の素質


要するに、子供時代に京都市で習い事をして実力をつけても、大人になって発揮される秀でた能力には関わりが無いことになります。

学力・知能は遺伝で50%決まる

学力や知能は約50%が遺伝するという最新の行動遺伝学での研究結果があります。

「そんなこと言ったら私は全然勉強できなかったし、この子ももしかして・・・」

なんて困ってしまう方もいるでしょうが、僭越ながらあなたの成績が悪かったということなら、必ずしも遺伝ではなく、残り50%の「環境」による結果かもしれません。

勉強が嫌いだったとか、勉強をする機会が少なかったなどが環境の影響だと言えるでしょう。

子供が将来自分の能力を最大限活用できるようにしてあげるには、子供の能力に気付いてあげることが大切です。

理数系の能力を秘めているのに、文系の習い事をさせると、将来生かすことができたであろう能力を発揮できないかもしれません。

京都市の遺伝能力の伸び

「最初から子供の潜在能力がわかったら悩まないよ」と思われるかもしれませんが、最新の遺伝子検査で解析することによって、隠れた能力が分かってしまいます。

遺伝子検査と言っても、口の中の粘液を採取して郵送するだけなので子供に痛い思いをさせることもありません。お値段を見るとちょっと躊躇してしまいそうですが、見込みのない習い事にかける費用を考えれば価値があるのではないでしょうか。

>>京都市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



そうは言っても、語学は遺伝するものではなく、勉強さえすれば、誰でもマスターできます。日本で育った人なら誰でも日本語で会話するようになるのがその証です。

日本に住んでいても、外国人観光客が増えたことで接する機会も増え、ビジネスにおいても英語は欠かせなくなってきていますので、ひと際目立った才能が無くても将来仕事の幅を狭めないためにも、子供の頃から英語を習わせるというのはいい選択でしょう。

>>京都市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

スポーツの能力も遺伝する?

京都市のスポーツ系習い事

将来はサッカー選手にしたい、短距離選手にしたい、もしくは卓球選手にしたい。そんな夢を抱いている親御さんもいらっしゃることでしょう。


実は運動の素質というのも、遺伝が関係してきます。


ただ、多くの要素が絡み合ったスポーツの場合、遺伝がどう影響してくるのかが分かりにくいということです。

体格や骨格、瞬発力、持久力、筋肉の質などが遺伝しますが、野球とサッカーというだけでも必要な能力が違ってきます。

とは言っても、遺伝子検査で伸びそうなスポーツが分かってきます。

持久力瞬発力などもわかるので、それを参考にするのもいいのではないでしょうか。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

身体能力も遺伝子検査でわかるので、興味を持たれた方はチェックしてみてください。

>>京都市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

子供の頃にスポーツのセンスを磨くには

お子さんに将来スポーツに勤しんでもらいたいとお考えなら、色々な遊びやスポーツを3歳〜14歳の期間にさせることをお勧めします。

3歳〜14歳の時期は、スポーツ界ではゴールデンエイジ(黄金期間)と言われており、その時期に身体の動かし方やセンスを磨くことのできる時期です。

今活躍している卓球の張本選手やゴルフの石川遼選手などが、子供の頃からのトレーニングが今に繋がっています。

ただし、一つのスポーツに絞る必要はありません。逆に様々なスポーツを経験した方が、様々な感性を磨くことができます。

トップアスリートでもその競技一本に打ち込んだのは中学生からという場合も多いことから、ゴールデンエイジに運動の感覚を習得することは重要でも、幼い内に一つの競技に絞ってトレーニングをしなくてもいいのです。

京都市の周りには習い事ができそうなところが無くても、遊びの中にスポーツを取り入れて、身体を動かすようにするとセンスが磨かれていくでしょう。