伊丹市の習い事

「伊丹市に子供に通える習い事ってどんなものがあるのかしら?」

「最近流行りの習い事が伊丹市にはない」

そんな心配をされている親御さんも少なくないことと思います。

子供の将来の可能性を広げてあげたいと考えるのであれば、親の意向や子供のわがままだけで伊丹市での習い事を決めてしまうのは焦りすぎかもしれませんよ。

なぜかと言うと、子供が持っている能力の大部分が遺伝によってすでに決まっているという事実があるのです。

大人になって発揮される遺伝する能力とは

親から受け継いだ遺伝子情報がお子さんという人格をつくっているということは、皆が知っている事実です。

しかしながら、行動遺伝学によれば子ども時代は遺伝による能力の影響が小さく
年齢を重ねるにつれて影響が出ることがわかっています。

例えば、お子さんに「推理力」が遺伝し、潜在能力として持っていたとします。子供時代に色々頑張ってはいても受け継いだはずの「推理力」の影すら見えません。

それが、時を経て大人になり、「推理力」が徐々に開花し、平均よりも「推理力」が高くなっていくのです。


伊丹市で遺伝の素質


要は、今のうちに伊丹市で数々の習い事を頑張っても、大人になってその能力で秀でた才能を発揮できるわけではないということになります。

頭の良さも遺伝する?

学力や知能は約50%が遺伝するという最新の行動遺伝学での研究結果があります。

「それじゃあ、私はずっと数学の成績が下の方だったし、この子にも遺伝してるかも・・・」

と思われるかもしれませんが、あなたの成績があまり思わしくなかったとしても、遺伝ではなく、残り50%の「環境」によるものかもしれません。

学校が嫌いで、勉強をする機会が少なかったなどが環境が影響しているものでしょう。

あなたの子供が将来、本来の能力を発揮できるようにするには、子供の潜在能力を知ることが大切です。

高い理数系の能力を持っていながら、文系の習い事ばかりしていると、将来生かすことができたであろう能力を発揮できないかもしれません。

伊丹市の遺伝能力の伸び

「最初から子供の潜在能力がわかったら悩まないよ」と思われるかもしれませんが、今は最新の技術による子供の遺伝子検査によってどのような才能を持っているのか分かります。

遺伝子検査と言っても、口の中の粘液を採取して郵送するだけなので子供に嫌な思いをさせることもありません。少々お値段は高めですが、続くかも分からない習い事にかけることを考えれば、メリットのあることではないでしょうか。

>>伊丹市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



しかし、語学においては遺伝は関係なく、勉強さえすれば、誰でもマスターできます。日本語を話す人たちの間で育っているみなさんが、自然と学習し、日本語を話すようになるということです。

日本にいても海外の方とやり取りをしたり、ビジネスでもレジャーでも英語は使えた方が強いので、とびきりの才能がなくても将来安定した仕事に就いてほしいと思われるなら、子供の内に違和感なく英語に接する機会をつくることは、良い選択でしょう。

>>伊丹市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

無視できない身体能力の遺伝とは

伊丹市のスポーツ系習い事

子供をサッカー選手にしたい、テニスプレーヤーにしたい、はたまたプロゴルファーにしたい。そんな夢を抱いている親御さんもいらっしゃることでしょう。


スポーツの素質があるかどうかというのも、遺伝がその向き不向きに関わります。


ただ、様々な要素があるスポーツの場合、遺伝が及ぼす影響の度合いが定かではないそうです。

体格や骨格、瞬発力、持久力、競争心、協調性、空間把握能力、分析力、動体視力などが遺伝しますが、スポーツによって、さらにはスポーツごとのポジションによっても、違う能力が必要です。

とは言うものの、遺伝子検査によってその子に向いていそうなスポーツが分かります。

持久力瞬発力などもわかるので、参考にしてスポーツをしてみるのもいいでしょう。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

遺伝子検査で元々持っている身体能力もわかるので、興味のある方は是非チェックしてみてください。

>>伊丹市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

色々なスポーツで子供の感性を引き出そう

お子さんに将来スポーツに勤しんでもらいたいとお考えなら、色々な遊びやスポーツを3歳〜14歳の期間にさせることをお勧めします。

スポーツ界では特に重要なこの時期をゴールデンエイジ(黄金期間)と言い、身体の動かし方や応用力などを磨くことのできる時期です。

今活躍している卓球の張本選手やゴルフの石川遼選手などが、子供の頃からのトレーニングが今に繋がっています。

ただし、同じスポーツをさせ続ける必要はありません。むしろ、色々なスポーツで体を動かした方が、いろんな能力を体得できます。

プロテニス選手でも本格的にテニス一本に絞ったのは中学生からであったりすることから、ゴールデンエイジに運動神経のトレーニングは不可欠でも、幼い内に一つのスポーツに絞ってやる必要はありません。

思うような習い事ができそうなところが伊丹市辺りに無くても、上手く色々なスポーツを取り入れて、自然と体を動かせるようにしてあげると良いでしょう。