伊勢崎市の習い事

「伊勢崎市でうちの子が通えそうな習い事は何があるの?」

「最近流行りの習い事が伊勢崎市にはない」

このような悩みをお持ちのママパパも多くいらっしゃることでしょう。

お子さんの今後の人生を思うのでしたら、あなたの思い込みで伊勢崎市での習い事を限定してしまうのはもったいないことになるかもしれません。

と言うのも、子供の才能の大部分は遺伝により明らかだという事実があるのです。

大人になって発揮される遺伝する能力とは

両親や代々受け継いできたDNA情報がお子さんという人格をつくっているということは、ご存知のことでしょう。

しかし、行動遺伝学では遺伝による能力の影響は子ども時代は小さく大人になるにつれて発揮されることが分かっています。

例を挙げれば、お子さんに優れた「記憶力」が遺伝していたとします。幼少期にトレーニングを頑張っても遺伝により受け継いだ「記憶力」は姿を見せません。

それが、成人を超えて時間の経過とともに、記憶力」が目立ち始め、自分の意志とは関係なく「記憶力」が高くなることがあるのです。


伊勢崎市で遺伝の素質


すなわち、今伊勢崎市で習い事を頑張っても、大人になって発揮される秀でた才能とは因果関係が無いと言えます。

遺伝は外見や性格だけじゃない

最新の行動遺伝学で、学力や知能は約50%が遺伝するという事実が発表されています。

「そんなこと言ったら私は全然勉強できなかったし、この子ももしかして・・・」

と落ち込んでしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、僭越ながらあなたの成績が悪かったということなら、遺伝ではない原因、「環境」という可能性があります。

先生が嫌いで、勉強まで嫌いになってしまったなどが環境による影響です。

子供が将来、持っている能力を最大限発揮できるようにするには、子供がどんな能力を持っているかを知ることが大切です。

理数系に恵まれた才能を持っているのに、その才能を使うことの無い文系の習い事をしていると、将来生かすことができたであろう能力を発揮できないかもしれません。

伊勢崎市の遺伝能力の伸び

「そんなこと言われても、子供の潜在能力なんかわかならい」と思われると思いますが、今は遺伝子検査が発達しており、どのような才能を持っているのか分かります。

遺伝子は口の中の粘液を採取して郵送するだけなので、子供に負担はありません。費用は高く感じられるかもしれませんが、続くかも分からない習い事にかけることを考えれば、メリットのあることではないでしょうか。

>>伊勢崎市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



しかし、語学においては遺伝は関係なく、学習すればマスターできます。日本で育った人なら誰でも日本語を使いこなしているのがその証明です。

日本にいても海外の方とやり取りをしたり、ビジネスにおいても英語は欠かせなくなってきていますので、ひと際目立った才能が無くても将来の保険として身につけておきたい場合、子供の内から英語を楽しく学ぶというのは、良いチョイスだと思います。

>>伊勢崎市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

無視できない身体能力の遺伝とは

伊勢崎市のスポーツ系習い事

子供をサッカー選手にしたい、ラグビー選手にしたい、もしくは卓球選手にしたい。そんな夢を抱いている親御さんもいらっしゃることでしょう。


そこでも素質があるかどうかは遺伝がその向き不向きに関わります。


しかし、スポーツの場合はさまざまな要素が複雑に絡み合っているので、遺伝がどのように影響するのか分かりにくいそうです。

遺伝するものには体格や骨格、持久力、筋肉の質などがありますが、スポーツの種類やチームスポーツではポジションによってもどの能力が必要かは変わってきます。

とはいえ、遺伝子検査をすることでその子に適したスポーツがどんなものか分かります。

持久力瞬発力どちらが強いのかがわかるので、それを参考にするのもいいのではないでしょうか。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

遺伝子検査で本来の身体能力もわかるので、興味を持たれた方はチェックしてみてください。

>>伊勢崎市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

子供の頃は多種のスポーツをさせよう

お子さんに将来何かしらのスポーツを頑張ってほしいとお考えなら、3歳〜14歳までにいろんなスポーツをさせることをお勧めします。

スポーツ界ではこの期間をゴールデンエイジ(黄金期間)と言い、バランス感覚や技術を習得して成長が見込める時期です。

今活躍されている女子サッカーの澤穂希選手やゴルフの石川遼選手などが、幼少期から色々なトレーニングを取り入れていたことを考えると納得できるでしょう。

しかし、本人がやりたいのなら別ですが、同じことをずっと続けさせる必要はありません。逆に色々なスポーツで体を動かした方が、色々な感覚を体得できます。

プロ野球選手でも野球一本に絞ったのは中学生からという場合も多いことから、ゴールデンエイジに体を動かす感覚を身につけることは重要でも、一つのスポーツに決めるのは、そんなに幼い内でなくていいということになります。

思うような習い事ができそうなところが伊勢崎市辺りに無くても、どんなスポーツ(または遊び)でもいいので、体が動かせるように導いていくといいでしょう。