伊勢市の習い事

「伊勢市で子供に通わせたい習い事はある?」

「最近流行りの習い事が伊勢市にはない」

そんなモヤモヤを抱えている親御さんもいると思います。

お子さんの未来を願うのであれば、あなたの思い込みで伊勢市での習い事を決めてしまうのは焦りすぎかもしれませんよ。

なぜかと言うと、子供が持っている能力の大部分が遺伝により明らかだという実態があるからです。

大人になって発揮される遺伝する能力とは

両親や代々受け継いできたDNA情報がお子さんを創造しているということは誰もが知っていることです。

ところが、行動遺伝学によると遺伝で及ぼされる能力の影響は、子供の頃にはあまり関係なく年齢を重ねるにつれて影響が出ることがわかっています。

例としては、お子さんに「想像力」が遺伝し、それが他人よりも優れていたとします。幼少期にトレーニングを頑張っても受け継いだはずの「想像力」の影すら見えません。

しかし、成人を過ぎて大人になるにつれて、遺伝による「想像力」が突出してきて、周囲の人間より「想像力」が高くなるというわけです。


伊勢市で遺伝の素質


要するに、子供時代に伊勢市で習い事をして実力をつけても、大人になって発揮される秀でた能力には関わりが無いことになります。

頭の良さも遺伝する?

学力や知能は約50%が遺伝するという最新の行動遺伝学での研究結果があります。

「それじゃあ、私はずっと数学の成績が下の方だったし、この子にも遺伝してるかも・・・」

と落ち込んでしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、あなたの成績があまり思わしくなかったとしても、遺伝ではない原因、「環境」という可能性があります。

学校が嫌いで、勉強をする機会が少なかったなどが環境の影響だと言えるでしょう。

子供が持っている能力を、将来最大限活用できるようにしてあげるには、子供の能力に気付いてあげることが大切です。

理数系に恵まれた才能を持っているのに、その才能を使うことの無い文系の習い事をしていると、将来生かすことができたであろう能力を発揮できないかもしれません。

伊勢市の遺伝能力の伸び

「最初から子供の潜在能力がわかったら悩まないよ」と思われるかもしれませんが、最新の遺伝子検査で解析することによって、どのような能力を持っているかが分かります。

遺伝子は口の中の粘液を採取して郵送するだけなので、お子さんに負担を感じさせることもありません。費用は少々かかりますが、見込みのない習い事にかける費用を考えれば価値があるのではないでしょうか。

>>伊勢市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら



ただ、語学に関しては遺伝は関係なく、学習すれば習得できるものです。日本で育った人なら誰でも日本語を使いこなしているのがその証明です。

日本国内でも海外の方と接する機会も多くなり、ビジネスでも英語を避けて通れなくなってきますから、特別な才能はなくてもいいから将来の保険として身につけておきたい場合、子供の内から英語を楽しく学ぶというのは、良いチョイスだと思います。

>>伊勢市在住でもネット英会話なら通う必要なし!

無視できない身体能力の遺伝とは

伊勢市のスポーツ系習い事

子供を野球選手にしたい、サッカー選手にしたい、もしくは卓球選手にしたい。お子さんにそんな夢を抱くママパパもいることでしょう。


スポーツの素質があるかどうかというのも、遺伝が関わってくるのです。


しかし、スポーツの場合はさまざまな要素が複雑に絡み合っているので、遺伝が及ぼす影響の度合いが定かではないそうです。

体格や骨格、瞬発力、持久力、競争心、協調性、空間把握能力、分析力、動体視力などが遺伝しますが、競技の種類によってもどの能力が必要かは変わってきます。

とはいえ、遺伝子検査をすることでその子に向いていそうなスポーツが分かります。

元々持っている持久力瞬発力がわかるので、それを参考にするのもいいのではないでしょうか。

持久力優勢 マラソン、水泳、トライアスロン、自転車
瞬発力優性 長距離以外の陸上競技、ゴルフ、野球、体操、卓球、格闘技、バレーボール
バランス サッカー、ラグビー、バスケットボール

遺伝子検査で元々持っている身体能力もわかるので、興味を持たれた方はチェックしてみてください。

>>伊勢市在住でも郵送で遺伝子検査ができるGIQ子ども遺伝子検査はこちら

子供の頃はいろんなスポーツをさせよう

お子さんに先々スポーツを頑張ってほしいと思っているなら、様々なスポーツを3歳〜14歳の間に経験させることをお勧めします。

スポーツ界ではこの期間をゴールデンエイジ(黄金期間)と言い、バランス感覚や運動のセンスを身につけやすい時期です。

今まさに活躍しているテニスの錦織圭選手や卓球の張本選手も、子供の頃からトレーニングをしていました。

ただ、一つのスポーツを集中的にやり続ける必要はありません。むしろ、いろんなスポーツをさせたほうが、様々な感性を磨くことができます。

プロテニス選手でも本格的にテニス一本に絞ったのは中学生からであったりすることから、ゴールデンエイジに運動神経のトレーニングは不可欠でも、幼い内に一つのスポーツに絞ってやる必要はありません。

良さそうな習い事をさせられるところが伊勢市の周りに無くても、色々なスポーツを取り入れて、身体を動かすように導いていくといいでしょう。